クローン病と言うすぐお腹を壊したり食べられないものが多かったりする病気です。
詳しくはwikipediaへどうぞ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%97%85

RADWIMPS野田洋次郎の音楽性の高さについて

どうも、君の名はからRADWIMPSを聞き始めたRADWIMPSにわかの水分です。

君の名はに出てくる曲しか聞いてないのですがもうすっかりハマっています。

曲を聞いていて思ったのがボーカル兼ギターの野田洋次郎の音楽性の高さです。

f:id:suibun17:20161011001455j:plain

今回はその片鱗を皆さんに簡単にですが紹介したいと思います。

 

 

RADWIMPS野田洋次郎の音楽性の高さについて

 

まず、君の名はの主題歌としても有名な前前前世から

 

やっと眼を覚ましたかい それなのになぜ眼も合わせやしないんだい?

「遅いよ」と怒る君 これでもやれるだけ飛ばしてきたんだよ

 

心が身体を追い越してきたんだよ

 

この心が身体を追い越してきたんだよと言う部分

心が身体を追い越す事ってありますか?

それだけ飛ばしてきたということなんでしょうか。

私は今まで生きていた中で心が身体を追い越してきたなんて思ったこともありませんでした。

初っ端そこで驚かされます。

次に

 

君の髪や瞳だけで胸が痛いよ

同じ時を吸い込んで離したくないよ

遥か昔から知る その声に

生まれてはじめて 何を言えばいい?

 

同じ時を吸い込んで離したくないよって最早どういう意味なんでしょうか。

時を吸い込むにはどうしたら良いのか。

分かる方いたら教えてください。

 

まだまだありますが書ききれないので次の曲へいきます。

次はエンディングでも流れたなんでもないやから

 

僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー

時のかくれんぼ はぐれっこはもういやなんだ

 

まずタイムフライヤーという言葉。

もしかしてタイムレンジャーのファンなのでしょうか

 

f:id:suibun17:20161011001344j:plain

タイムフライヤー

しかし、その言葉を登場させても全く違和感なく曲を聞くことができる所に音楽性の高さを感じます。

 

次に

 

嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは

君の心が君を追い越したんだよ

 

ここはもう野田洋次郎のセンスが随所光っていると感じます。

嬉しくて泣く悲しくて笑う、そして君の心が君を追い越すそれぞれに想像を掻き立てられる歌詞になっています。

 

このまま行くと止まらなくなってしまうので最後の曲にしたいと思います。

最後はスパークルから

スパークルは私的に歌詞全てがもうセンスの塊だと思います。

ここに全文載せるのはまずい気がするので詳しくは調べてみてください。

美しくもがく

さよならから一番遠い場所で待ち合わせよう

未だかつてないスピードで君の元へダイブを

 

など、もう常人の域を超えた言い回しに脱帽せざるを得ません。

そして、私が一番驚いたのが

 

教室の窓の外に

電車に揺られ運ばれる朝に

 

愛し方さえも君の匂いがした

歩き方さえもその笑い声がした

 

この電車に揺られ運ばれる朝にから愛し方さえも君の匂いしたに行くまでの間

間奏が約4分8秒

この間歌詞が全く無く驚きを隠せませんでした。

 

とまあこんな感じで簡単にではありますが私が感じた野田洋次郎の音楽性の高さを紹介した所で今日はこの辺で。

あまりしったかぶって書きすぎるとガチのファンの方に激怒されかねませんからね。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする